疲労骨折(右第2、第3中足骨)(体操部 高2 女性)「痛いので足をひきずりながらじゃないと歩けない」

疲労骨折

患者

体操部 高校2年 女性

症状 

足を引きずりながらでないと歩けない。受傷部を触ると圧痛顕著。

部活の練習中着地した時痛くなった。受傷4日後、整形外科にてMRI検査で疲労骨折と診断された。

1ヶ月後に国体出場予定だったが、それに間に合わせたかったので、お母さんがネット検索し、当院を発見し受診した

施術内容と経過

受傷12日後、足を引きずりながら初来院。とても運動できる状態ではなかった。痛む部分をチェックすると、第3中足骨中枢部に圧痛(+)、第2中足骨中枢部に圧痛(±)が認められた

初診時と3日後の2回目とも、骨折に対する特殊な手技を行った。初診から7日後の時点で、すでに、練習しても多少痛みがある程度にまで回復。

結局、合計4回施術して、無事に国体出場できるまでになった。

考察

疲労骨折は、繰り返し、繰り返し衝撃を受けることで段々骨折していく疾患であるが、体操選手の場合は、高頻度で高いところからの着地を行うので、疲労骨折の起こりやすいスポーツの一つと言える。疲労骨折は使いすぎて受傷するので、運動を中止して休ませることが第一だが、大会直前だと、休むに休めず途方に暮れる場合がよく見られる。

当院では、骨折にアプローチする特殊な施術法があり、回復スピード、現場復帰期間に格段の差が出ることが多いので、あきらめる前に一度施術を受けることをおすすめする。

 

施術料金

初診料 施術料

※お支払いは現金のみの取扱いとさせていただきますのでご了承ください

 

※初めての方は、問診表記入・問診・検査等あるので、終了するまでに30~40分かかります。

完全予約制(当日予約もできますよ)

今すぐ電話

初めての方の最終受付は18:20となります

電話

メールでのお問い合わせはコチラ

LINEで予約する

LINE無料相談