有痛性外脛骨

なぜ?他院では改善しなかった外脛骨が当院の施術で改善するのか?

なぜ?他院では改善しなかった外脛骨が当院の施術で改善するのか?

LINE無料相談

ヘルモアクチコミランキング第1位に選ばれました

症例報告

ケース2

有痛性外脛骨

患者

バスケットボール 中学3年 女性

症状

小学2年からバスケットをやっており、小学4年から外脛骨部が痛くなった。痛い時は病院に行ったり、テーピングしたりで過ごしてきたが、3か月前からひどくなり、長時間走っていると痛くなり、試合中も痛くなった。

大学病院でインソール作製し、テーピングしてプレイするも痛みが引かないので、お母さんがネットで検索し、当院来院

施術内容と経過

初診時
歩行痛(-)、右外脛骨部 圧痛(++)、左外脛骨部 圧痛(++)、左右ともに偏平足。左足関節のズレ(+)
左足関節調整、両外脛骨用特別整体、偏平足調整施行。

2診目(初診から5日目) 以前はバスケットコートを3周走ると痛くなっていたが、5周走ってもあまり痛まなかった。両外脛骨用特別整体、偏平足調整、両腓骨調整施行。

3診目(初診から12日目) バスケットやっても右側は痛くなかった。左側は少し痛む。両外脛骨用特別整体、偏平足調整、左外脛骨部弛緩法施行。

4診目(初診から25日目) 7~8割の力で走っても痛まなくなった。が、走った後だけ痛みが残る。両外脛骨用特別整体、偏平足調整、両外脛骨部弛緩法施行。

5診目(初診から47日目) 全力で走っても痛くなくなった。両外脛骨用特別整体、偏平足調整、両外脛骨部弛緩法施行。

※普通にプレイできるようになった上、外脛骨部圧痛(-)のため、経過良好により終了とした。

考察

バスケットボールはジャンプやSTOP & GOを多用するスポーツなので、その分外脛骨部に大きな負荷がかかる。その為、有痛性外脛骨になり疼痛が出現すると回復しにくいケガである。完全にレストさせても痛みはなかなか引かない事も珍しくはない。湿布や注射、電気治療を続けても回復しにくい傾向にある。

しかし、今回のケースは、当院の有痛性外脛骨特別整体をはじめとした施術を駆使し、早期に回復した例である。

なかなか回復しないとお悩みの方は試す価値が十分あるのではないかと思われる。

 

 

ケース1

外脛骨

患者

硬式野球 高校3年 男性

 

症状

歩くだけでも外脛骨部分が痛く、少し引きずる感じ。

約1年前にも同じ症状になった。この時は3ヶ月練習を休んだら痛くなくなった。

4ヶ月前に左足を捻挫した後から外脛骨の痛みが出、歩行痛がある。

最後の大会があったので、痛かったが誤魔化しながらプレイを続けたため、症状が悪化し引きずる感じの歩行になった。

外脛骨の施術を受けられるところをネットで探し、当院を受診した。

 

施術内容と経過 

痛む部分をチェックすると、外脛骨部が健側と比べ、かなり飛び出しており、圧痛も著明。また足関節の状態をみると、ズレが認められた。

外脛骨の調整法で飛び出ている骨を元の位置に戻す施術を行った。さらに足関節の調整も行った。

初診時施術後には、歩行痛はなく、ジャンプしても痛くなくなった。

初診の翌日、大学の野球部の練習に参加したが、足の痛みもなくプレイできた。週1回の施術を合計3回行った。痛みはなくなったが、大学でも野球を続けたいというので、月1回のメンテナンス継続中。

 

考察 

有痛性外脛骨は、走ったりジャンプしたりすると痛みが増すので、全力でプレイできなくなる。テーピングや痛み止めの薬などでは痛みがなかなか取れないが、そのままプレイを続けているとどんどん悪化することが多い。

当院では、外脛骨部に直接アプローチして、飛び出ている骨を元に戻すので、痛みの原因がなくなるので動いても痛くなくなるのである。ただし痛みが繰り返しやすい疾患なので、調子が良くなったとしても、月1回のメンテナンスは重要である。

また今回のケースは、足関節のズレもあったが、外脛骨の痛みと同側であった。やはり、足関節のズレ(土台が狂っている)側に症状が出ていたので、足関節の調整も行う必要があると考えられる。

 

施術料金

初診料 施術料

※お支払いは現金のみの取扱いとさせていただきますのでご了承ください

 

※初めての方は、問診表記入・問診・検査等あるので、終了するまでに30~40分かかります。

完全予約制(当日予約もできますよ)

今すぐ電話

初めての方の最終受付は18:20となります

メールでのお問い合わせはコチラ

LINEで予約する

こんな方にこそオススメ

3軒以上の治療院に行ったけど、ダメだった方

福岡まつお整体整骨院のアプローチ

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨は、疲労によって硬くなって伸びにくくなっている、ふくらはぎの筋肉をしっかり緩めないといけません。

また、扁平足気味の方は、足の裏のアーチを作ってやらないといけません。

まずこの2点をしっかりやっておかないと、外脛骨だけ整えても再発しやすいからです。

最後に、外脛骨や舟状骨の飛び出した部分を調整する施術を行います。

福岡まつお整体整骨院では、骨をボキボキ鳴らしたり、強く押したりもんだりする激しい施術は行いません。

優しく触ったり、軽く動かしたりするだけの弱い刺激なのに、筋肉やスジの緊張がゆるんでバランスが整ってくるので、今までの症状がだんだん緩和していきます。ソフトタッチのスーパー整体です。

今までの常識をくつがえすような変化にびっくりしたり、驚かれたりすることが多いですよ。

それくらいインパクトのある当院独自の整体です。

 

よそに行くならぜひ当院へ!他院と当院との違い

足首のズレ

多くの場合は、痛みのある部分の筋肉や背骨や関節がわずかにズレて症状が出ています。

そこで、ズレを整えることでバランスが取れ、症状が軽減していきます。

しかし、何度も再発を繰り返すようだと、他の場所に原因があるかもしれませんよ。

 

福岡まつお整体整骨院では、足首にも注目しています。

 

ほとんどの方は、足首をひねった経験がありますよね。ひねった後しばらくの間は痛みますが、時間が経つうちに痛みも取れ、普通に過ごせるようになります。実はこれが大きな落とし穴なのです!!

 

足首のズレ

他院では指摘受けることはまずありませんし、普段全く痛くないので、足首がズレていると気がついていない方が多いのですが、調べてみると「ズレたまま」になっているケースがよく見られます。

内側と外側にくるぶしの位置を比較するとズレの有無が確認できるのですが、ズレていると足首より下(足先、指など)に力が入りにくくなっています。左右の力の差を見ればすぐチェックできます。

足首のズレ

足首にズレがある側の足は、指の力が弱く、蹴る力も弱いので、踏ん張りがきかず、カラダをうまく支えられません。そのためズレがある側のバランスが崩れ、いつも同じ側ばかり症状がでてしまうのです。

 

福岡まつお整骨院では、必要に応じて足首のズレの調整も行っていきます普段足首が痛くない方は、ズレている事実を知って驚くことが多いですが、調整後はしっかり力が入り、左右差がなくなり、バランスよく歩けるようになります。すると、足元(土台)が安定しますので、カラダもバランスが崩れにくくなるのです。

  • 足首のズレを整えることで、悩んでいた症状がなくなったり、再発しにくくなることがよくあります。それくらい足首の調整は重要なのです。

 

 

有痛性外脛骨とは?

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)何だか難しい名前ですね。

足首の内くるぶしのやや下前方に舟状骨という骨があります。

その舟状骨の内側に、本来はない骨が15%くらいの人に存在する骨が外脛骨と呼ばれる骨です。

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨とは、外脛骨や舟状骨が外側に突出してきて痛みが出る症状のことを言います。

運動中や運動後に痛みが出たり、腫れたり、熱をもったりすることもあります。中には歩くのも困難になるくらいの激痛を伴うこともあります。

 

 

有痛性外脛骨の原因

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨は足底に負担がかかるサッカー、バスケットボール、陸上などのスポーツやバレエで起こりやすいです。

捻挫が引き金で起こることもありますし、扁平足の方は土踏まずが狭いので外脛骨が地面に接地しやすく、より高頻度になります。

舟状骨はふくらはぎにある後脛骨筋という筋肉の付着部になっていて、ふくらはぎの筋肉が運動のし過ぎで疲労し、硬くなってくると、舟状骨が引っ張られ、次第に炎症が起き痛みが出てくるのです。

 

 

病院での治療

⑴まずは安静第一を考え、運動を中止させます。

⑵炎症を取るため、シップや消炎鎮痛剤が処方されます。

⑶足底板(インソール)やテーピングを行うこともあります。

⑷上記の処置でも痛みが改善しない場合や、繰り返す場合は手術適用となり、外脛骨の除去や、突出している舟状骨を削る処置をします。

 

 

施術料金

初診料 施術料

※お支払いは現金のみの取扱いとさせていただきますのでご了承ください

 

※初めての方は、問診表記入・問診・検査等あるので、終了するまでに30~40分かかります。

完全予約制(当日予約もできますよ)

今すぐ電話

初めての方の最終受付は18:20となります

メールでのお問い合わせはコチラ

LINEで予約する

院長からのメッセージ

院長からのメッセージ

福岡市まつお整体整骨院 院長の松尾 宏一です。
有痛性外脛骨の痛みでお困りのあなたへ

  • 市販のシップ、塗り薬で誤魔化してもダメ。
  • テーピングしてもダメ。
  • 病院に行ってもダメ。
  • マッサージに行ってもダメ。
  • 整骨院に行ってもダメ。
  • はりきゅうに行ってもダメ。
  • 整体に行ってもダメ。

と、あきらめていませんか?

有痛性外脛骨の痛みは中々よくならずツライですよね。

「早く思い切り走り回りたい」

「早く部活に復帰したい」

「手術をせずに治したい」

などと思っているあなた。

そんなあなたのために、福岡まつお整体整骨院では、有痛性外脛骨の痛みを解消する施術を行っていきますよ。

ですから、まだあきらめないでくださいね。

私が、20数年間培ってきた技術を駆使してあなたの痛みを改善していきます!!

もしお困りならば、ぜひともご来院ください。

 

 

関連記事

提携病院

提携病院

福岡市まつお整体整骨院では、問診や検査などをおこない、必要だと判断した場合病院の受診をお薦めすることもあります。

福岡市まつお整体整骨院は、福岡市内の総合病院1件、整形外科2件、脳神経外科1件、内科2件、外科1件及び、春日市内の整形外科1件と提携していますので、ご希望の方にはご紹介いたします。

 

 

福岡市まつお整体整骨院の地図

福岡市まつお整体整骨院の地図

初診料 施術料

※お支払いは現金のみの取扱いとさせていただきますのでご了承ください。

 

※初めての方は、問診表記入・問診・検査等あるので、終了するまでに30~40分かかります。

完全予約制(当日予約もできますよ)

初めての方の最終受付は18:20となります

 

ご予約・ご相談は今スグこちらから!

押すと電話がかかります

メールでのお問合わせはコチラ

LINEで予約する

電話が取れない時があります。

その際は留守電にお名前を残して下さい。

  後程こちらより折り返します。

外出先からはこの番号↓↓の携帯電話でかけ直します

080-6470-8080