股関節痛の症例報告

症例報告

ケース3

股関節痛

患者

40代 女性

 

症状

2~3週間前から右荷重時、階段昇降時、歩行時に右股関節が痛くなってきた。原因は思い当たらない。
放置してたら、段々悪化してきた。病院が嫌いなので、股関節を調整してくれそうな治療院をネットで探し当院に来院。

 

施術内容と経過

初診時は、右股関節屈曲痛、外転痛、歩行痛があった。骨盤の調整などを行ったところ、少し痛みが軽減した。が、2日後に自宅で転倒し右股関節もひねり、症状が悪化した。寝返りもできない。ベッドに上がる時も、右足を持って持ち上げないと上げられない。右足を少し動かそうとしただけでも激痛がある。歩行痛もひどい。

骨盤調整、股関節可動域を広げる調整を中心に週2回の施術を3回行ったが、ひどい痛みが取れないので、念のため整形外科を受診。レントゲンで股関節臼蓋不全と言われたが、股関節の激痛の原因は分からないとの見解だった。松葉杖の貸出を受け、その後歩行時は松葉杖を使用している。

週1回のペースで施術。初診から1ヶ月後の8診目の時点で松葉杖なしで過ごせるようになった。その後良くなったり、ちょっと悪くなったりを何度か繰り返す。4ヶ月経過した19診目の時点ではほぼ痛みもなく日常生活が送れる状態まで回復。

その後2~3週に1回経過観察し、経過良好のため、22診目(初診時からみると6ヶ月後)からは月1回のメンテナンスに移行した。

 

考察

当院に通院してすぐに、誤って転倒し、股関節を悪化させてから、股関節の激痛で日常生活も困難な状態だった。そんな中、仕事で歩き回らないといけないこともあり、その当時はかなり大変そうな様子だった。

ベッドに上がる時も手で持ち上げ、ゆっくりゆっくり動かさないと、股関節がズキンと痛むくらいの状態だったのが、施術の繰り返しで、徐々に可動域が広がっていったことで、右足にも力が入り出し、ベッドの上がり降りもスムーズになっていった。また歩行痛も段々少なくなり、歩行スピードも次第に通常歩行ができるようになった。

今回のケースのように、激しく痛んでいるのに整形外科で調べても原因不明と言われて帰されることも珍しくない。しかし、異常個所を探し出し、その部分にアプローチし、正しく整えていくことで徐々に組織が修復され回復していったものと考えられる。

 

 

ケース2

股関節痛

患者

50代 女性

 

症状

3週間前から左股関節外転制限。まっすぐ歩行するときには問題ないが、少しでも足を開くと鼠径部に激痛が走る。

週1回スポーツジムでスタジオエクササイズをしているが、痛くなる2か月前から担当のインストラクターが変わり、ハードなトレーニングになり、無理に身体を動かし続けたため、股関節を痛めたようである。

知り合いに、「いいところがあるよ」と紹介され来院。

 

施術内容と経過

初診時は、左股関節外転制限、回旋制限が認められた。骨盤のゆがみもあったので、骨盤調整と股関節の可動域を広げる施術を中心に行った。週1回の施術を4診おこなった段階では、症状は良かったり悪かったりを繰り返した。整形外科に行った方が早いと思い、整形外科でリハビリをしてもらったら、余計悪くなった。

初診から2か月弱の7診目には症状が軽減。2週間後の8診目には初動時1歩目の痛みもなくなり、3週間後の9診目にはほとんど痛みを感じずに過ごせるようになった。その後月1回のメンテナンスを継続中。

 

考察

初診時股関節の痛みが強かったが、週1回しか来院できないとのことだったので、そのペースで施術していたが、1ヶ月経過してもなかなか痛みが取れないので、痺れをきらして整形外科を受診した模様だったが、そこのリハビリで返って悪くなった。それにより、当院に頼らざるを得なくなったと考えられる。

その後は徐々に痛みが減少していき、少しずつ普段の生活に支障がなくなっていった。

今回のケースは、症状が現れたあと3週間もスタジオエクササイズを続けたことで、炎症を増長したと思われる。その為、炎症の修復に時間がかかり、痛みが軽減するのにタイムラグが生じたのであろう。

やはり、痛みが出たら少しでも早く適切な施術を受けたほうが、回復も早く、痛みに耐える期間も短くなるので、あなた自身が楽だと思う。

ケース1

股関節痛

患者

30代 女性

 

症状

2週間前から