少し歩くと足に痛みやしびれが出る

5分や10分歩くと、だんだん足が痛くなったり、しびれてきて歩けなくなる方はいらっしゃいますか?

しばらく休憩すると歩ける

↓    ↓

しばらく歩くとまた痛みやしびれが出る

↓    ↓

休憩すると歩ける



このような症状のことを専門的には


間歇性跛行(かんけつせいはこう)


と言います。




脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。


脊柱管狭窄症は、


背骨の中にある神経が通る管(脊柱管)が狭くなった(狭窄)状態です。


長く歩いていると、狭窄部の神経が圧迫され血行が悪くなり、


足に痛みやしびれが出るのです。


しかし、背中を丸めて休憩すると神経の圧迫が取れるので、再び歩けるようになります。


脊柱管がどんどん狭くなると神経を圧迫される機会が増えるので
症状がどんどん悪化していきます。






脊柱管狭窄症の場合は、


病院では、


ブロック注射などを行っていきます。


重症例では手術になります。






福岡まつお整体整骨院では、


脊柱管狭窄症の場合


スーパー整体を行います。


背骨のズレによって脊柱管が狭くなっているので


背骨や骨盤のズレを整えていきます。


狭窄がなくなると


神経が圧迫されなくなるので


足の痛みやしびれがなくなります。






ただし、
間歇性跛行で大事な注意点があります!!




間歇性跛行は脊柱管狭窄症の時に見られる症状ですが、


それ以外にも間歇性跛行が出る疾患があります。




それは、閉塞性動脈硬化症です。


足の動脈が硬化する病気です。


この場合は、骨盤のゆがみをいくら整えても


当然良くなりません。




脊柱管狭窄症との違いは、


脊柱管狭窄症閉塞性動脈硬化症ともに間歇性跛行が見られますが、


脊柱管狭窄症の場合は、しばらく座って休むと楽になりますが、


閉塞性動脈硬化症の場合は、休んでも楽になりません


また、閉塞性動脈硬化症は足の甲のところにある、足背動脈が確認できません。


急激に重症化することもあります。


閉塞性動脈硬化症の疑いがある場合は、


血管外科がある病院に行きましょう。






福岡まつお整体整骨院では、病院で検査した方が良いと判断した場合、ご希望があれば、提携している病院や総合病院に紹介いたします。

福岡市まつお整体整骨院の地図

福岡市まつお整体整骨院の地図

初診料 施術料

※お支払いは現金のみの取扱いとさせていただきますのでご了承ください。

 

※初めての方は、問診表記入・問診・検査等あるので、終了するまでに40分前後かかります。

完全予約制(当日予約もできますよ)

初めての方の最終受付は18:20となります

 

ご予約・ご相談は今スグこちらから!

押すと電話がかかります

メールでのお問合わせはコチラ

LINEで予約する

電話が取れない時があります。

その際は留守電にお名前を残して下さい。

  後程こちらより折り返します。

外出先からはこの番号↓↓の携帯電話でかけ直します

080-6470-8080

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

坐骨神経痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加