相手がいる交通事故

相手がいる事故の場合、

被害者と加害者の関係になり、

その事故についてどちらが何%悪いかという割合(過失割合)によって、

保険会社の対応方法も違ってきます。

 

 

過失割合が少ない場合

事故に対して何%悪いかという割合のことを、過失割合といいます。

過失割合が50%より少ないケース(相手の方がより悪いという事故)について述べたいと思います。

 (ご本人)      (相手)
⦿車      対    車

⦿バイク    対    車

⦿自転車   対    車

⦿歩行者   対    車

⦿車      対   バイク

⦿バイク    対   バイク

⦿自転車   対   バイク

⦿歩行者   対   バイク

⦿自転車   対   自転車

⦿歩行者   対   自転車

大体上記のようなケースが考えられます。

 

 

相手が車の場合

よほど悪質ではない限り、車には強制保険(自賠責保険)加入が義務付けられているので、相手の自賠責保険を使って、交通事故によるケガの入院費・通院費・通院交通費・休業損害補償・慰謝料が決まった額支払われます。

ほとんどの車のドライバーが任意保険にも加入していますので、相手が任意保険に加入していれば、その任意保険の損害保険会社が窓口になり、支払い等を代行してくれます。

 

 

相手がバイクの場合

バイクに乗る方は、特に原付バイクの方など、保険料が高いこともあって、任意保険に加入している人が少ないと思います。

事故の相手が任意保険に加入していれば、相手が車の場合と同じやり方で構いません。

ところが、相手が任意保険に加入していなかったら、手続きが大きく異なってきます。

  1. ご自分で被害者請求の手続きを行う
  2. ご自分または、ご家族の誰かが任意保険し、人身傷害特約に加入していれば、その任意保険の損害保険会社が手続きを代行する。

このどちらかになると思います。

ただし、人身傷害特約も加入者ごとに内容が違いますので確認が必要です。

 

 

相手が自転車の場合

最近は自転車の事故でも高額の保険料を請求されるケースがあります。
相手が自転車保険に入っていれば、その保険の適用になると思います。

相手または、相手のご家族が加入している任意保険の特約に自転車事故が含まれる場合はこの保険が適用されます。

ご自分または、ご自分のご家族が加入している任意保険の特約に自転車事故が含まれる場合はこの保険が適用されます。

 

 

福岡市まつお整体整骨院の地図

福岡市まつお整体整骨院の地図

院長より

完全予約制(当日予約もできますよ)

 初めての方の最終受付は18:20となります

ご予約・ご相談は今スグこちらから!

つながらない時は092-716-6169

LINEで予約する

電話が取れない時があります。

その際は留守電にお名前を残して下さい。

  後程こちらより折り返します。

外出先からはこの番号↓↓の携帯電話でかけ直します

080-6470-8080

  • このエントリーをはてなブックマークに追加