膝の外側が痛い

膝の外側が痛くて困っていませんか?


膝痛は、一般的に内側が痛くなることが多いです。


しかし、明らかにケガをした覚えはないのに、膝の外側が痛くなる方がいらっしゃいます。




もしかしたら円盤状半月かもしれません。




膝関節には、クッションの働きをする半月板という軟骨が内側と外側にあります。半月といっても、通常は三日月の形をしています。


しかし、三日月の形ではなく、生まれつき、まん丸く円形の半月板になってる方がいらっしゃるのです。


本来の三日月形だと、内側には何もないので問題ありませんが、円形だと、本来何もないところにも半月板があるため、そこに骨が当たり、割れてきて痛くなります。


こうなったくると、内視鏡を使ってその部分をカットしないと痛みは取れません。でも、術後は半月板の内側をカットしてるので、骨に当たらなくなるので、痛みはなくなります。






円盤状半月はディスコイド(Discoid)とも呼ばれますが、内側より外側の半月板に見られることが多いです。


また男性よりも女性に多いようです。




特に痛めた記憶はないのに、膝の外側が痛いようであれば円盤状半月も考えらます。


膝関節の検査である程度は判別はつきますので、福岡まつお整体整骨院でも対応可能です。
明らかに疑わしい場合は、膝専門の整形外科に紹介し、必要ならMRI検査も依頼します。




気になる方はご連絡ください。

福岡市まつお整体整骨院の地図

福岡市まつお整体整骨院の地図

初診料 施術料

※お支払いは現金のみの取扱いとさせていただきますのでご了承ください。

 

※初めての方は、問診表記入・問診・検査等あるので、終了するまでに40分前後かかります。

完全予約制(当日予約もできますよ)

初めての方の最終受付は18:20となります

 

ご予約・ご相談は今スグこちらから!

押すと電話がかかります

メールでのお問合わせはコチラ

LINEで予約する

電話が取れない時があります。

その際は留守電にお名前を残して下さい。

  後程こちらより折り返します。

外出先からはこの番号↓↓の携帯電話でかけ直します

080-6470-8080

半月板損傷について詳しくはこちら

半月板損傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加